似せるのではなく、超えていく作品づくりを目指すには
  • 素材

Holiday in New York|レンダリング素材

「Holiday in New York」プロトタイプ作品に用いた3Dモデルの人物レンダリング画像(透明背景)を紹介します。FaceGen Artist 4 Proアプリで顔写真から3D顔データとテクスチャーを生成し、DAZ Studio 4 Proアプリにエクスポートして、衣装&テクスチャーを着用し表情やポーズ(アニメーション)を付けてIrayレンダリング(透明背景)しました。

画像をクリックすると、拡大画像がポップアップするので見やすくなる場合があります。スマホでは、ピンチで拡大してご覧ください。

Ash Audrey

オードリー・ヘプバーン主演の映画「ローマの休日」をモチーフにしています。顔とテクスチャーは以前に360°VR作品で制作していたE’z CastのAshを流用しています。

Ash Audrey レンダリング画像

後ろのガラス窓に映る姿を擬似的に表現するために、以下の後ろ姿もレンダリングしました。

Ash Audrey 鏡に写る後ろ姿用レンダリング画像

Mizkey Audrey

上記の顔とテクスチャーをMizkeyに変更し、髪と衣装の柄や表情、ポーズなども変更しています。

Mizkey Audrey レンダリング画像

レンダリング時の画面のスクリーンショットは以下です。

Mizkey Audrey レンダリング時のDAZ Studioスクリーンショット

別バージョンのレンダリングも試しています。

Mizkey Audrey レンダリング画像 別バージョン

Ummy Audrey

同様に顔とテクスチャーをUmmyに変更し、髪と衣装の柄や表情、ポーズなども変更しています。

Ummy Audrey レンダリング画像

実際のポーズは以下のようにかなりのけぞっています。

Ummy Audrey DAZ Studio ポーズ スクリーンショット

衣装の黒は、Base Colorなどのパラメーターを直接編集しました。ベルトとサンダルのテクスチャーはプリセットから選んでいます。

参考リンク

https://leopalist-vr.com/category/hokkaido/360vr

きらやん

きらやん

20年前からDAZ StudioやFaceGen Artistなどを使った3DCG美少女モデルの作品づくりを趣味で楽しんでいます。

TOP